外壁と同じく屋根のメンテナンスも不可欠になります。屋根というのは壁と比較しても紫外線にさらされるので老朽化も早くなる箇所なのですが、普段は目にすることはない部位ですし、老朽化を気にかけている方も福島市では少数です。老朽化すると内部に水分がしみこみ腐敗等を引き起こすこともあるので、何年かごとの整備が重要になります。時期はというと外壁と同じように7年くらいより10年くらいで塗装をしていくというのが普通ですが、日本瓦は塗り替えをやる必要はないです。

外壁部分に起きる症状としては、クラック、カビやコケ等があります。ヒビというのは乾燥や建物のゆがみなどが理由でおきますが、ほとんどの場合で修繕は可能です。カビはというと陽が当たらない場所に発生しやすく、塗料のカビを予防する効き目が低かったりした時に発生します。すぐになんとかすべき状況ではありませんが表向きも汚いですし、そのまま放っておくと劣化しますので壁の塗装を施すのも考えられます。塗装が取れるといった事は福島市でも珍しいですが、多くのケースは塗装の際の失敗になります。