壁にカビ等がでると外観がまずいのみでなく、塗装が傷んでいると判断してください。カビは陽が当たらない部分にでやすく、防かび剤の効き目が低い塗装材を使っているときは早い年数ででてきます。建物を建てるときには、支出をけずるため塗装材の品質を低くするという事も多数あり、そうしたケースでは外壁も傷みやすくなります。さらに劣化すると、破損等も起きて、遠賀郡芦屋町でも修復費用は多くなってきますので、早期に壁の塗り替えをする事がポイントです。

壁につやがなくなってきたら外壁塗装の時期になったと判断していいです。見た目が変化しているということは、塗膜の外側が風雨等で顔料が離脱してきているということです。部分的に塗膜が剥がれてしまってきているケースも同様です。より老朽化すると、外壁を手でさわった際に塗装材が付着します。これをチョーキングといい、遠賀郡芦屋町でもこの現象になったら外壁の塗り替えのタイミングと判断していいです。