家の壁にはサイディング材と呼ばれる人造の壁材も邑楽郡明和町では一般的に用いられます。サイディング材はケアをしてなくて良いというようなイメージを持っている方も少なくありませんが、モルタルと同じように外壁塗装は大切です。約十年前後で塗り替えを施していけば、30年程度は利用できますが、塗り替えをしないままでいると早期にひび割れ等のトラブルによって利用できなくなります。サイディングボードであっても表は塗装材により保全されている事は同様なのです。

壁の塗装をする時に念入りにしたいのが壁色の決定です。あらかじめ塗装材のサンプルにて決定していく形になるのですが、塗ってみると想像していた色とちがう色にでき上がってしまったということが邑楽郡明和町でもありがちです。見本で見る色の雰囲気と外壁すべてに塗られたものとではイメージは違ってきてしまうことも多いです。周辺の建築物の色彩とのつりあいを考えてみることも重要です。通常は、ヴィヴィッドな色彩だと年月とともに色あせが目立ってきますので、穏やかな色を選択するとうまくいきます。