壁が古ぼけてきたら、外壁の塗装の時機が来ていると思ってください。見かけがおとろえてきているということは、塗装材が酸性雨等により樹脂層を壊されてきているという事になります。一部だけ塗装が剥がれてしまっている場合も同様です。さらにいたむと、壁をタッチしたときに塗料が付着してきます。これらをチョーキングと言い、長森でもこうなったら外壁の塗り替えのタイミングと考えて大丈夫です。

長森でも壁の塗り替えには美観をよく保持するといった効果にかぎらず、元来は家屋を耐水して保持する事が目的となります。外壁というのは塗装材にて覆い隠すことで保持されているのですが、時が経つにつれいたみ、ヒビが発生したりします。そんな風になると住居を維持する事ができなくなり、壁板などの建築物の内部にまで痛んでいく可能性がでできます。外壁の劣化が進んでから塗り替えをするのでは後の祭りなので、そういった状況を免れるために一定期間での塗り替え作業が不可欠です。しっかりメンテをしていくことにより家屋の寿命も長くなってきます。