壁の塗装のちらしでは十年間保障しますとうたっている所も尾張旭市では多くなっています。十年ならば満足だというような人も多いですが、気をつけておきたいのが保障の意味です。ほとんどの場合は保証が効くのは壁の部分のみで、外壁から塗装材がはがれてしまった場合だけ保証の対象となります。しかし、外壁から塗料が剥がれるといったことはそうそうないですし、壁にくらべたらはがれやすいトタンなどといった場所は10年間保証の対象にはならず、せいぜい数年位といった保障の中身である場合が多いようです。

壁部分が古ぼけてきたら、外壁の塗装の時期が来ていると考えられます。見かけがおとろえているという事は、塗装材が紫外線などにより顔料を壊されてきているという事になります。部分的に塗装材がとれてしまってきているケースも同じになります。もっと劣化が進むと、壁部分をさわったときに塗料が手につくようになります。これを白亜化と称し、尾張旭市でもこうなったら外壁の塗り替えの時機と思ってください。