外壁にはサイディングボードという人造の壁というのも成城学園前では多く用いられます。サイディング材というのはメンテをしてなくて良いといったイメージを抱く人も少なくありませんが、モルタルの場合のように塗り替えは必要です。およそ10年前後で塗り替えを施せば、およそ30年程度は使えますが、塗装をしないままでいると短い年数でクラックなどといったトラブルによって利用できなくなってしまいます。サイディングボードであっても表面は塗膜により保護しているという事に違いはありません。

外壁塗装についての見積り書をもらったときに見ておく箇所として、重ね塗りの作業があります。成城学園前でも基本的に重ね塗りの回数というのは上塗りと中塗りと下塗りの3回実施します。また、太陽光があたる南西の方角等、痛みがひどい壁については四回になる事もありますし、日射が当たらないところは二回となる事も考えられます。重ね塗りを何回施すかで塗料の量も金額も変わってきますのできちっとチェックしましょう。見積もりについては、重ね塗りを何回施すかに気をつけ、書いていない時は質問するようにして下さい。あいまいな返答をしてくる感じの業者は、頼まない方が良いです。