外壁と同じく屋根の整備についても必要です。屋根というのは外壁以上に紫外線にさらされますので傷つきやすくなるところなのですが、めったに目に入らない所ですし、痛みを心配している方も三木市では多くないです。老朽化すると、中に水が染みこんでカビ等の要因になることもありますため、周期的な手入れが重要です。年数としては外壁のようにおよそ7,8年前後より十年位にて塗り替えを施すというのが一般的ですが、日本瓦の場合は塗り替えを施す必要はありません。

三木市でも壁の塗り替えは見かけを綺麗にするといった目的はもちろん、元々は住居を防水して保護する事が目的になります。外壁というのは塗装でカバーすることにより保護しているのですが、年月が経つと傷み、クラックが入ったりしてしまいます。そのような感じになってくると住居を保全することが難しくなって、土台等の住居の造りにまで傷んでいくことも考えられます。壁の素地が傷ついてから塗装を行うということでは遅いので、そのような事態を回避するためにも定期的な壁の塗り替え作業は不可欠です。しっかりとメンテナンスをやっていくことによって住居を守ることができます。