外壁と同様に屋根の管理についても大事になります。屋根というのは外壁以上に雨風を受けるので傷みやすいところですが、日ごろは見えない部分ですし、いたみに敏感な方も富山市では多くないです。劣化すると、内側に水が入り込んで侵食などを引き起こす場合もありますので、何年かおきの管理が大事です。年数は壁と同じくおよそ七年前後より10年くらいを目安に塗り替えを行うというのが普通ですが、瓦ぶきの屋根は塗り替えをやる必要はないです。

外壁の塗装をご自身でやってみることができないかと考える方もおりますが、難しい作業にはなると思います。作業したことがある人であるならば、やれると思われますが、壁の色を塗りかえるのみなら自分ひとりでもOKだというくらいの理解なら、業者に任せたほうが安全です。外壁塗装には家屋を保全するというような重要な効果もあるのです。下地調整をするケレン作業にて元の塗装の膜を取ってから、重ね塗りをやって完成させるというような施工は、どうやっても個人では難しいです。富山市でも材料の料金は安くはないですし、見た目も変になってしまう危険も大きくなります。