建物の壁の塗装を依頼する時期は、家が完成してから、または過去の塗り替えからの年数でいうと、通常、大阪市中央区でも十年程度です。もちろん、塗料などによって違ってきますが、標準ではそんな感じです。中には、新築時に質が悪い塗料を使っていたり、もとより塗料そのものを利用していなかったりする場合もあり、そういう場合にはみるみる外壁が劣化し始めるといった事も多々あります。壁の塗装というものはヒビなどを防止するといった狙いもあるので一定期間でやるようにしてください。

外壁塗装の見積り書が出されたときにチェックしておくポイントとしては重ね塗りか挙げられます。大阪市中央区でも一般的には重ね塗りの回数は上塗りと中塗りと下塗りの三回施工します。ただ、太陽光が当たる方角など、劣化が多い所については四回施工する事もありますし、日射が当たらない所は2回になる事も考えられます。重ね塗りを何回するかで塗料の金額も差が出てきますのでしっかりと確認しましょう。見積もりについては、これらの回数を確認し、書いていない場合はたずねるようにしてください。適当な応対をしてくるような会社は、別のところにしたほうが安心です。