壁と同様に屋根のメンテも不可欠になります。屋根というのは壁よりも雨風の影響を受けるので傷みやすいところですが、そうそう見えない部分ですし、劣化を気にする人も足柄下郡箱根町では少数です。傷むと、家の中に雨水が入り込んでカビ等が発生する場合もありますため、一定期間でのメンテが重要です。サイクルは壁と同じくだいたい7,8年位から10年位を目途に塗り替えをするというのが原則ですが、日本瓦の屋根は塗り替えはしなくてもOKです。

外壁塗装業者は直接営業がしつこいというイメージが足柄下郡箱根町でも一般的です。広告ビラを配ってくるのはもちろん、外壁の塗り替えをするべきですよといったようにいきなり訪問してくる場合も多いと思います。何故飛び込み営業が多いのでしょう。建物の外壁部分が道路からむき出しだからです。業者の営業は、住宅地を徘徊して、おのおのの壁を吟味していって、外壁部分が古くなっている所を選択して現れるというわけです。手当たり次第にセールスしてくるのではなく、外壁塗装をするべき所を探して営業をかけているのですが、中には、迷惑な戸別営業をするような業者もあるため注意が必要です。