壁の塗装の見積りをもらった時にチェックする項目として重ね塗りが考えられます。北斗市でも基本的には重ね塗りの回数というのは3回やります。日射を受ける南西等、減衰が厳しい所は4回実施する事もありますし、劣化が少ないところは2回になることも考えられます。重ね塗りを何回するかで使う塗料の量も料金も異なってきますのできちっと見ておきましょう。見積もり書では、これらを何回施すかを確認し、書いていない場合は聞いてみるようにしてください。あいまいな答えをしてくる業者は、依頼しない方が安全です。

北斗市でも壁の塗装は見かけをかっこよく保つねらい以外にも、本来は住居を防水で守っていくというのが役目になります。壁の素地は塗装で覆い隠すことによってまもられているのですが、時間とともに傷つき、ひび割れたりします。そのような状態になると家を保全することができなくなり、柱等の建築物の造りまで傷つく可能性がでできます。壁の素地が老朽化してから壁の塗装を行うということでは後の祭りなので、そういったことを避けるためにも定期的な外壁の塗装は不可欠です。然るべくケアをしていく事により建物の価値も高まります。