持ち家の壁の塗り替えを行う時期というのは、新築してから、もしくは以前の外壁の塗装からの年数でいうと、普通は仙台市でもおよそ10年位になります。当然、場所などによって違いますが、基準としてそのような感じです。時には、建設の時に粗悪な塗料をつかっていたり、そもそも塗料そのものを利用してないような事もあって、そういった時には数年で壁が老朽化してしまうという事も多いです。外壁の塗り替えはヒビ割れなどを押さえるといった効果もありますので定期的にやるようにしてください。

塗り替え業者というのは戸別営業がしつこいといった印象が仙台市でも浸透しています。ポスティング広告を配布することもありますが、外壁塗装をさせてもらいますといったように急におとずれる場合も多くなっています。何故戸別営業をしてくるのでしょうか。それは外壁部分が道路から丸見えだからです。業者は、住宅地を歩いて、おのおのの外壁を調査していき、外壁部分が老朽化しているところを見つけて営業してくるのです。すべての家に営業してくるのではなく、壁の塗装をすべきな所を選んで訪ねてくるのですが、中には、しつこい戸別営業を行う会社もあるため気をつけましょう。