外壁の塗装をする際に注意しておきたいのが色の選択になります。先に塗料の色見本を元に決める形になるのですが、塗装されると考えていた色とは別物に仕上がってしまったという事が真庭市でも珍しくありません。小さいサイズの色見本の色の感じと壁一面に塗られたものとではフンイキはちがってきてしまうことも少なくありません。周りの建築物の色とのバランスを想像することも必要です。通常、ヴィヴィッドな色彩の場合は年数の経過につれて劣化が目立ちますので、落ち着きのある色彩を選ぶと無難です。

壁の塗装の広告ビラを見てみると10年長期保証ですというように掲載している会社も真庭市では多くなっています。十年保証なら十分だという方も多いですが、気をつけておきたいのがそれらの中身になります。多くの場合は認められるのは外壁の所のみで、外壁から塗装材が剥がれ落ちてしまったケースだけ保証の対象となります。とはいえ、壁から塗装材が剥がれてしまうといったことはそうありませんし、外壁に比べてとれてしまいやすい鉄部やトタンなどといった部分は10年間保証はされず、長くても三年前後という保障の中身の場合が大部分のようです。