板橋区でも外壁塗装というのは見栄えを綺麗にする目的に限らず、本来は家を耐水して維持する事が役割りになります。外壁というのは塗装にて覆い隠すことによりまもられているのですが、年数が経つといたみ、ひびが発生したりしてしまいます。そのようになってくると建造物を守っていくことが難しくなって、下地等の家屋の構造まで波及するケースもあります。壁がいたんでから外壁塗装を施すのでは遅いですから、そういった事態を避けるためにも一定期間での外壁の塗り替えが必要です。正しく管理をする事によって建物も長くもちます。

壁部分につやがなくなってきたら外壁の塗装のタイミングであると思われます。見た目が衰えてきているということは塗膜の外側が日光等によって顔料を分解されているということです。塗料が剥がれてきている時も同様になります。もっと傷つくと壁部分を手でさわった時に塗装材が手に付着します。これを白亜化といい、板橋区でもこの現象になったら外壁の塗装の時期と思って大丈夫です。