外壁と同じように屋根のメンテナンスについても不可欠になります。屋根というのは外壁とくらべても雨風を受けますので傷つきやすくなる場所なのですが、めったなことでは目に入らない部分ですし、劣化に敏感な人も東近江市では少数です。いたむと建物の内部に雨水が入って腐敗等の要因になるケースもあるので、何年かおきのメンテナンスも不可欠になります。サイクルとしては外壁と同様におよそ七年位から10年くらいを目安に屋根の塗装を施すというのが普通のやり方ですが、日本瓦の屋根は塗り替えはいりません。

東近江市でも壁の塗装は見かけをきれいに保つ狙いにかぎらず、元来は家を耐水して保持する事が役割りになります。壁の素地は塗装材でおおうことによりまもられているのですが、時の経過につれて傷つき、割れてきたりしてしまいます。そんな風になると建物を保護する事がむずかしくなって、土台などの住居の中まで痛んでいくことも考えられます。壁の素地がいたんでから壁の塗装を行うのでは手遅れですから、そうした状況を免れるために周期的な塗り替え作業は欠かせません。しっかり手入れを行っていく事で住居の資産価値も保てるのです。