壁の塗装を独りでやることができないかと思う方もいるのですが、困難な作業にはなると思います。腕に自信がある方なら、できるかもしれませんが、壁の色を塗るだけなので自分ひとりでも可能だというくらいの意識の場合は、やめたほうがよいです。塗り替えには家屋をガードするという重要な意味もあります。下地処理をするケレン作業で元々の塗装を除去してから、重ね塗りをやってやっていくというような施工というのは、やはり専門でないとうまくいかないです。道上でも材料費はかかってきますし、美観も低品質になるというリスクも大きくなります。

家の外壁部分に起こりがちなトラブルとしては、クラック、カビ汚れ等がありがちです。ひび割れというのは構造のひずみなどが要因で発生しますが、大概のケースで修理は可能です。カビ汚れはというとジトジトした場所に生じやすく、塗装材の防かびの効力が低かったりしたときにおきます。緊急にどうにかすべき事態ではないですが見かけも悪いですし、その状態のまま何もせずにいると劣化し始めますので壁の塗り替えを行う事もありです。塗装材がとれるというケースは道上でも珍しいですが、ほとんどのケースは施工の過失によるものです。