外壁と同様に屋根のメンテについても必要になります。屋根は外壁以上に風雨にさらされますので老朽化も早い部位なのですが、ふだんは見えないところですし、いたみを心配する人も長崎市では多くはありません。劣化が進むと内部に水が入り込んで腐食等を引き起こす場合もあるので、定期的なメンテも不可欠になります。サイクルはというと外壁と同様に約七年位より十年くらいを目途に塗装を行うというのが一般的ですが、瓦の場合は塗り替えを施す必要はないです。

壁の塗装を行う際に注意したいのが壁色の決定です。あらかじめ塗装の見本をもとに選択していく形になるのですが、完成してみると思っていた色とちがう色に仕上がったということが長崎市でもありがちです。小さい見本で見る色の雰囲気と外壁すべてに塗装された色ではイメージはちがってくることも多々あります。近所の家の色とのフィット具合を考える事も大事です。通常、カラフルな色を選択すると年数が経っていくうちに色の劣化が目立ってきますので、おだやかな色を選択すると無難です。