壁の形はモルタル外壁とサイディングボードというのが松本市でも一般的で、その他にはトタンや板ばり等になります。モルタル外壁は、砂とセメント等をまぜたモルタル材を職人が塗り、その上に塗装して仕上げるといった工法で、サイディングボードが現れる前は日本の家のほとんどをしめていました。この頃の大部分はサイディングを使用した外壁で、事前に作業場などで製造されたサイディングボードと呼ばれる外壁材を貼り合わせる形で作り上げていきます。どちらも一定期間での外壁の塗装作業が必要であるという点では同じです。

塗り替え作業の見積もりを業者に依頼するときには、個々の業者に依頼するのではなく、スマホやネットでできる多くの業者からまとめて見積りを送ってもらえるサービスをつかうのが松本市でも一般的になりつつあります。業者ごとにお願いすると相手の業者は専任の担当者なので、その他の業者にも見積りをしてもらおうとしても押し切られることもありますし、その他の業者と比較しないと、見積りが妥当な料金かどうかも判定できません。直接営業が一般的な業界であって、業者も仕事をとろうと熱心ですし、こちら側が思うように交渉する事はカンタンではありません。複数業者から一度に作業見積りを集められるサイトであれば、違う会社との合い見積もりとなることを前提で参加していますので、煩わしい協議をする必要もなく、最初から安い値段の見積り料金が出されます。