住居は出来上がった時から古くなり始めているので、常にお手入れをしていく事が三浦郡葉山町でも大切です。とりわけ家の壁は日々日光をうけていて、次第次第にダメージを受けていきます。放置しておくと壁部分にヒビが入ってしまう等、補修を要することになります。家の壁の老朽化をとめるためには定期的な塗り替えが重要です。壁の塗装というのは外見を綺麗に保持するだけでなく、壁部分を補強してひび割れ等を防ぐというような狙いも持ち、結果として修復費用を省けます。まだきれいだからしなくて良いというような事ではなく、家を守るために大切なメンテナンスであると言えます。

建物の外壁の形はモルタルとサイディングボードというのが三浦郡葉山町でもたくさん使われ、他にはトタンや板等となります。モルタルの壁というのは、セメントや砂石などを混ぜて作ったモルタル材を職人が塗りつけて、さらに塗装して作り上げるといったやり方で、サイディングが出てくる以前は日本の家屋の大多数をしめていました。最近のほとんどはサイディングボードを使った外壁ですが、あらかじめ工場などで生産されたサイディングという壁材を貼っていく形で作っていきます。どちらも何年かおきの外壁塗装作業が必須であるということでは変わりません。