外壁の塗装会社というと飛び込み営業ばかりしてくるといった感じが表参道でも広まっています。ポスティング広告ビラを配ってくるだけでなく、壁の塗り替えをしませんかといったようにとつぜんおとずれるケースも多いと思います。どうして訪問営業ばかりするのでしょうか。外壁部分が道路から丸見えだからです。セールス担当者は街を彷徨い、個々の外壁を確認していき、外壁部分が老朽化している家を見つけて訪ねてくるというわけです。すべての家におとずれるのではなく、外壁塗装が必要な家を選択して訪ねてくるのですが、場合によっては、執拗な戸別営業を行っているところもあるので注意しなくてはなりません。

壁部分にはサイディングボードと呼ばれる人工の壁というのも表参道では多くつかわれています。サイディングボードならば手入れをせずにOKだというイメージを持っている方も多いと思いますが、モルタルの場合のように外壁の塗り替えは必須です。約十年前後で塗装を行えば、約三十年位はつかえますが、塗り替えをしないままでいると早期にヒビなどといった異常によって使用できなくなってしまいます。サイディングボードも表は塗装材によって守っているということは同じになります。