家の壁部分が汚れてきたら、外壁の塗り替えの時期であると思われます。見栄えが異なってきているのは、塗料が風雨等の影響で組織を破壊されてしまっているということになります。一部だけ塗料が剥落してきているケースも同じです。より劣化が進むと壁部分を接した時に塗装が手に付着するようになります。この現象を塗膜の白亜化と称し、駿東郡清水町でもこの症状になったら外壁の塗り替えのタイミングと思われます。

壁の塗装の時期というのは、新築してから、または前の外壁の塗り替えからの年数でいうと、普通は駿東郡清水町でも十年位です。当然、塗料などで変動しますが、目安としてその程度です。ときには、建設時に安い塗料を利用していたり、もとより塗料自体を利用していないケースもあって、そういった場合には早期に壁が老朽化するといったことも少なくないです。外壁の塗り替えというのはひび割れ等から守るというような意味もあるので、一定期間で行うようにしましょう。