壁にコケなどがつくと外見が良くないだけでなく、壁の下地が老朽化していると思っていいです。カビは湿気がある所に生じやすく、カビを防止する効力が低い塗装で塗られている場合は早い段階で現れてきます。家を建てる際には、経費を削減するために塗装材の質を低くするという事もあり、そういったケースでは塗料も傷みやすくなります。もっといたんでいくとヒビ割れ等も生じ、南国市でも修繕の料金は高めになってきますので、早めに外壁の塗装を行うことが重要です。

外壁の塗り替えのちらしを見ると10年長期保障ですというように書いてあるところも南国市では多くなっています。10年であればありがたいという人も大勢いますが、気をつけたいのは保証の中身です。多くのケースでは保証されるのは壁部分だけで壁から塗装材が落ちてしまったケースだけ保証の対象となります。そうは言っても、壁から塗装が剥がれてしまうケースはそうめったにはないですし、外壁に比べて剥がれ落ちやすい鉄部やトタンなどというような部位は十年間保証が効かず、せめても数年くらいというような保証の中身のケースがほとんどです。