壁と同様に屋根の管理も必須になります。屋根は壁よりも紫外線の影響を受けますので老朽化も早い部分ですが、ほとんど目にしない所ですし、傷みに気づいている方も伊那市ではわずかです。傷ついていくと中に雨水が染みこんで浸食などがおきる時もあるので、一定期間でのメンテが不可欠です。サイクルとしては外壁と同じようにおよそ七年程度から10年くらいで屋根の塗装をやっていくというのが原則ですが、瓦ぶきの屋根は塗り替えを施す必要はありません。

外壁の塗り替えをお願いするタイミングというのは、新築から、もしくは過去の塗り替えからの年数でいうと、一般的には伊那市でもだいたい10年位です。使っている塗装材等で異なりますが、標準ではその位です。中には、建築の際に質の良くない塗装材 を使っていたり、ハナから塗料そのものをつかってないようなケースもあって、そういうときはみるみる壁部分が劣化するという事も珍しくありません。壁の塗装というものはクラックなどからガードするという効果をもちますので、定期的に行ってください。