建物の外壁に汚れが目立ってきたら壁の塗装のタイミングになったと判断できます。見栄えがちがってきているということは塗装材の外層が風雨等によって顔料を壊されているという事です。塗装が落ちてしまっているケースも同じになります。さらに傷むと外壁を指で触れた際に塗料が手に付着します。これを塗膜の白亜化といい、生瀬でもこのような感じになったら外壁塗装のタイミングと考えてください。

マイホームの壁の塗り替えをしてもらう時期は、建物ができてから、あるいは前の塗り替えからの年数でいうと、基本的に生瀬でもおよそ十年位になります。もちろん、使用している塗装材などにもよりますが、標準としてそれくらいになります。なかには、建設の時に安い塗料を使用していたり、もとより塗料をつかっていない事もあり、そのような時は早く壁が傷ついてしまうといったことも珍しくありません。塗り替えはヒビ割れなどを防ぐというようなねらいを持ちますので周期的にするようにしましょう。