壁と同じように屋根のメンテについても必須です。屋根は外壁と比較しても日光をうけますのでいたみやすいところなのですが、めったに見えない部分ですし、劣化に敏感な人も流山市ではわずかです。老朽化すると内部に雨水が入り腐敗などが生じてくる時もありますため、何年かごとのメンテも大事になります。時期としては壁と同じように7年位より十年位を目途に屋根の塗装をしていくというのが通例ですが、瓦の場合は塗り替えはしなくても大丈夫です。

建物の壁部分に起こる問題には、ヒビ割れ、カビ汚れなどがよく見られます。ひび割れは乾燥や構造のゆがみなどが理由で生じますが、大概の場合で補修可能です。カビやコケというのは日差しが当たらない場所につきやすく、塗料の防かびの効き目が弱かったりしたときに起きます。切迫してどうにかする問題ではありませんが見かけもよくないですし、そのまま放っていると老朽化してしまいますので外壁の塗装を施す事もありです。塗装が剥落するというケースは流山市でも多くはないのですが、たいていのケースは塗装の際のミスです。