外壁の型はモルタル外壁、サイディングというのが名古屋市千種区でも普通で、他だと板張り等となっています。モルタル外壁は砂やセメント等を練り合わせて作ったモルタル材を左官屋が壁に塗って、塗装して仕上げるといったやり方で、サイディングが現れるまでは日本の家の大多数をしめていました。最近のほとんどはサイディング材の外壁で、事前に工場等にて作り出されたサイディング材と呼ばれる壁材を貼っていく形で完成させていきます。両方とも定期的な外壁塗装が大切であるという点では違いはありません。

建物の壁部分に起こる異常としては、ヒビ、カビやコケ等がありがちです。クラックはというと乾きや家の歪み等が起因して起きますが、大概のケースで補修可能です。カビやコケについては日光が当たらない部分にできやすく、塗装材の防かびの効力が低かったりした時に起きます。緊急にどうにかする状況ではありませんが見栄えも悪いですし、そのままで放置しておくと劣化し始めますので塗り替えを検討するのも選択肢になります。塗装の皮膜が取れるという事は名古屋市千種区でも多くないのですが、大概の場合は施工の失敗です。