家屋はできた時から古くなり始めているので、常に手入れをする事が下新川郡朝日町でも重要です。とくに建物の外壁部分は毎日日光をうけながら、じわじわと痛んでいきます。その状態のまま何もせずにおくと壁にヒビが入るなど、補修をすることになります。家の外壁部分が劣化してしまうのを防ぐためには一定期間での壁の塗装作業は必要です。外壁の塗り替えというものは外観を綺麗に保つのみでなく、壁を保全してヒビ等を防ぐ狙いもあり、結果として補修の料金を支払わなくてすみます。汚れていないのでしなくて良いといった事でなく、建物を守っていくのに重要な作業です。

外壁の形ではモルタル外壁やサイディングボードというのが下新川郡朝日町でも多く使われ、それ以外にはトタンや板などがあります。モルタルはセメントや砂石などを練り合わせたモルタルを職人が塗りつけて、塗装して完成させるというもので、サイディングが出てくるまでは日本の家屋の大半をしめていました。このごろの大部分はサイディングボードをつかった壁で、あらかじめ工場などで作り出されたサイディングと言われる壁材を貼るように仕上げていきます。二タイプとも定期的な壁の塗装は必要である点では違いはないです。