建物の塗り替えをやってもらう時期は、家が完成してから、または前の外壁の塗り替えからでいうと、一般的に荒川沖でもだいたい十年程度になります。当然ながら、つかっている塗装材などで変わってきますが、標準としてそれくらいになります。時には、建築の時に低品質の塗装材 をつかっていたり、もとより塗料そのものを利用していなかったりするケースもあって、そういうときはすぐさま壁が老朽化するといった事も珍しくありません。外壁塗装というものはひびなどを防ぐ役割もありますので、一定期間でするようにしてください。

外壁の塗り替えを行う際に気をつけたいのが色選びです。前もって塗装材の色見本で決定していく形になりますが、完成すると想像と異なった風に仕上がってしまったということが荒川沖でも多いです。どうしても見本で見る色の雰囲気と外壁すべてに塗装された色では雰囲気はちがってくることも少なくありません。周辺の建築物の色とのつりあいを考えてみることも大切です。一般的には、鮮やかな色にすると年数とともに色の衰えが出てくるので、上品な色彩を選択すると失敗が少ないです。