外壁塗装業者は、とつぜんたずねてきてしつこいといった印象をかかえる方が平塚市でも多いようです。なかには、迷惑な飛び込み営業をしてくるところもあるので注意を払わなくてはなりませんが、壁部分を調査して塗り替えをしたほうが良いと判断してセールスしてくる業者もいるようです。実際問題として、外壁部分の劣化をその状態のままほったらかしておくと住居というのははやく傷んでしまいますし、一定期間での塗り替え作業は大切です。外観をかっこよく保持するといったねらいに限らず、家屋をガードするためにも外壁の塗装は大切であるということをきっちりとわかっておくことも家の所有者としては必要です。

外壁の形態は、モルタル外壁、サイディングというのが平塚市でも多数で、それら以外だとトタン等となります。モルタル外壁というのは、セメントや砂などを練り合わせて作ったモルタル材を左官屋さんがつけて、そこに塗装材を塗って作り上げるというようなもので、サイディングボードが現れる前は主流でした。このごろの大部分はサイディングを使用した壁となり、先に作業場などで製造されたサイディングボードと呼ばれる壁材をくっつけていく形で施工します。二つとも周期的な外壁の塗り替え作業が必須であるという点では変わりません。