建物の壁部分にツヤがなくなってきたら外壁塗装のタイミングになったと考えてください。外観が衰えてきているという事は塗膜が太陽光などで顔料が離脱してきているということになります。塗料が取れてしまってきている時も同様になります。もっと傷むと外壁部分を接したときに塗装が付着します。このことを塗料の白亜化といい、八千代市でもこの症状になったら壁の塗り替えのタイミングと思ってください。

建物の外壁部分にはサイディングボードという板上の壁というのも八千代市ではよく使用されています。サイディングボードならばメンテをしてなくても良いというようなイメージを持つ方も多いようですが、モルタル外壁と同様に外壁塗装は大切です。およそ10年くらいで塗り替えを行っていけば、三十年前後はつかえますが、塗装をしないと早い段階でヒビ割れ等のようなトラブルにより使えなくなってしまいます。サイディング材でも外層は塗料で守っているという事は同様なのです。