壁の塗装についての見積りをもらった時に注視しておく箇所としては重ね塗りの作業が考えられます。函館市でも一般的に重ね塗りは上塗り、中塗り、下塗りの3回施します。ただ、太陽光を受ける方向など、いたみが厳しい部分については四回やる事もありますし、太陽光が当たらない部分については2回となることもあります。重ね塗りを何回施すかによって用いる塗料の量も代金も差が出てきますのでしっかり目を通しておきましょう。見積り書では、これらを何回やるかを見て、記載がない際には聞くようにして下さい。雑な回答をしてくる所は、やめるようにした方が賢いです。

建物の壁のタイプは、モルタルとサイディング材が函館市でも多く、その他には板張り等です。モルタルというのは砂やセメント等をまぜたモルタルを左官職人が壁に塗りつけて、その上に塗装材を塗って施工するという工法で、サイディングが現れる以前は日本の家のほとんどをしめていました。このごろの多数派はサイディング材を用いた外壁で、あらかじめ作業場などにて製造されたサイディング材という壁材を貼り合わせるように仕上げていきます。どちらの壁も何年かごとの壁の塗装は欠かせないことでは同じになります。