外壁塗装の見積りが提示された際にチェックするポイントとしては重ね塗りか挙げられます。糟屋郡篠栗町でも一般的には重ね塗りというのは上塗りと中塗りと下塗りの三回実施します。ただ、日差しを受ける南西など、痛みがひどい場所というのは4回施す事もある一方、傷みが少ないところについては2回となる事もあります。重ね塗りを何回するかによってつかう塗料の料金も変わってきますのでしっかり注視しておきましょう。見積もりについては、これらを何回するかに気をつけ、省かれている時は訊ねてみるようにして下さい。雑な答えをしてくる業者は別の所にしたほうが無難です。

外壁部分には、サイディング材と呼ばれる壁材というのも糟屋郡篠栗町では一般的に使われています。サイディングは整備をしてなくて良いといった印象を持つ方も多いですが、モルタルのように塗り替えは不可欠です。だいたい10年くらいで塗り替えをすれば、約三十年前後は利用できますが、塗り替えをしないでいると短い年数でヒビなどといった症状でつかえなくなります。サイディング材であっても外側は塗装の塗膜により守られているということは同じです。