外壁と同じように屋根のメンテナンスについても大切になります。屋根は壁以上に風雨をうけますので劣化も早い部位なのですが、そうめったには見えない場所ですし、痛みを気にしている方も綾歌郡宇多津町ではわずかです。老朽化が進むと建物の中に雨が入ってきて腐敗等が起きてくる場合もあるため、何年かごとのメンテが重要になります。時期としては外壁と同様におよそ七年前後より10年程度を目安に屋根の塗装をやっていくというのが通例ですが、瓦は塗り替えをする必要はありません。

塗り替えを施す際にきちんとやっておきたいのが色選びになります。事前に塗装材のサンプルを見て選択するのですが、実際に塗られてみるとイメージと違うように出来上がってしまったということが綾歌郡宇多津町でも多いです。小さいサイズのサンプルの色の感じと壁全部に塗られたものとではイメージはちがってくることも珍しくありません。近所の家とのつりあいを意識してみることもポイントです。一般的には、カラフルな色を選ぶと年月の経過とともに色の減衰が出やすいので、穏やかな色彩を選ぶと無難です。