壁部分に汚れが目立ってきたら外壁塗装の時機が来ていると考えてください。外観が変化しているということは、塗料の表層が日光等によって組織を分解されてしまっているという事になります。塗膜が剥落してきているときも同じになります。さらに傷ついていくと壁をさわったときに塗装が手につきます。これらを塗装の白亜化といい、安中市でもこのような様子になったら塗り替えのタイミングと判断してください。

外壁の塗装を行うときに注意しておきたいのが色の選択です。先に塗料の色見本にて選んでいく形になるのですが、実際に塗装すると想像していた色とちがう風になってしまったというような事が安中市でも少なくありません。どうしても小さなサンプルで見る色の感じと外壁すべてに塗られたものでは雰囲気はちがってきてしまうことも多いです。まわりの建物の色とのマッチ具合を思い浮かべてみることも必要になります。基本的に、目立つ色を選ぶと年月の経過とともに色の減衰が目立つので、穏やかな色彩を選択すると無難です。