建物の外壁の色あせが目立ってきたら、塗り替えの時機だと思って大丈夫です。色が異なってきているのは塗膜の表面が酸性雨などで組織を壊されてしまっているという事になります。一部だけ塗装材が取れているときも同じです。もっといたんでいくと外壁を手で触れたときに塗料が付着するようになります。これらを塗料の白亜化といい、利根郡みなかみ町でもこうなったら壁の塗装の時機と考えていいです。

外壁にはサイディングボードと呼ばれる人造の壁も利根郡みなかみ町ではたびたび使われています。サイディング材ならばケアが必要ないという印象を抱く人も多数いるようですが、モルタルの場合と同じく外壁塗装は重要です。およそ十年程度で塗装を行っていけば、約三十年位は使えますが、塗り替えをせずにいると早々にヒビ等のような異常によって利用できなくなります。サイディング材も表は塗装材により保護されている事は変わらないのです。