外壁の塗り替えをするときに気をつけておきたいのが壁色選びです。先に塗装の見本で選んでいくのですが、実際に塗装するとイメージとちがうように仕上がったということが備後赤坂でも多くなっています。どうしても小さいサイズのサンプルの色の感じと壁全体に塗装されたものではフンイキは変わってきてしまうものです。近所の建物との釣り合いを意識する事も重要です。基本的には、鮮やかな色彩にすると年数の経過につれて色の劣化が目立ちますので、落ち着きのある色を選ぶとうまくいくことが多いです。

壁の塗り替えについての見積もり書が出た際にチェックする箇所として、重ね塗りの回数があります。備後赤坂でも基本的には重ね塗りの回数というのは3回施工します。太陽光をうける南西の方角など、減衰が酷いところというのは四回施す事もある一方、傷みが少ない所については2回となることもあります。重ね塗りを何回するかにより塗装材の量も金額も差が出てきますのできっちり気をつけましょう。見積もりについては、重ね塗りを何回するかを見て、記述がない場合は質問するようにしてください。曖昧な返答をしてくる感じの会社は別の会社にしたほうが安心です。