外壁と同様に屋根のケアについても必須になります。屋根は外壁と比べても風雨の影響を受けますので老朽化も早くなる箇所なのですが、ふだんは目に入らない場所ですし、劣化を心配する人も八頭郡智頭町では少数です。いたむと建物の中に雨水が入り込んで腐敗などが生じてくる時もありますため、周期的なメンテが必要になります。期間はというと壁と同様に約7,8年前後より十年位にて屋根の塗装をしていくのが原則ですが、日本瓦は塗り替えは不要です。

外壁の塗装のタイミングというのは、建物ができてから、もしくは前の壁の塗装からの期間でいうと、普通、八頭郡智頭町でも約10年くらいになります。もちろん、塗料等で違いますが、標準としてその位になります。中には、建築の際に粗悪な塗装材 で済ませていたり、ハナから塗装材 さえも利用してなかったりする場合もあり、その時には数年で壁部分が老朽化してしまうというようなことも少なくありません。壁の塗り替えはヒビなどを押さえるという狙いを持ちますので周期的にするようにしましょう。