外壁部分にはサイディングというボード状の壁というのも鞍手郡小竹町では一般的に使用されています。サイディングボードであればケアをしてなくて良いというような印象を抱く方も少なくありませんが、モルタル外壁の場合のように壁の塗装は不可欠です。だいたい十年くらいで塗装を行っていけば、30年前後は利用できますが、塗装をしないと早い年数でひび割れなどの問題により利用できなくなってしまうこともあります。サイディング材だとしても表層は塗膜によって保護されていることに違いはありません。

外壁塗装を個人的にやってみることができないかと検討する人もいるようですが、難しいかもしれません。腕に覚えがある人なら、やれるかもしれませんが、壁の色を塗り替えるのみならばひとりでもOKだといった位の考えの場合は、業者に頼んだほうがよいです。外壁の塗り替えには建築物を保全するといった欠かせない狙いも含んでいます。下地調整のケレン作業で前の塗装を取り除いて、重ね塗りしながら行っていくというようなプロセスというのは、なかなか個人では難しいです。鞍手郡小竹町でも塗料の代金は高くなっていますし、見た目も粗末になる危険性があがります。