壁の塗装の見積り書が出たときにチェックしておく点としては、重ね塗りが考えられます。新丸子でも通常重ね塗りは下塗りと中塗りと上塗りの3回実施します。とはいえ、日差しがあたる側等、いたみが大きいところは四回施工することもあり、日差しが当たらない部分については2回となる事もあります。重ね塗りを何回施すかで用いる塗料の分量も料金も違ってきますのでしっかりチェックしておきましょう。見積もり書については、これらを何回行うかを確認し、記載がない際には訊ねるようにしてください。あいまいな答えをしてくるような会社は、避けた方が無難です。

塗り替えについての広告では十年長期保証付きと記述しているところも新丸子では多いと思います。十年間保障ならば大丈夫だと思う人もたくさんいますが、知っておきたいのがそれらの意味になります。ほとんどの場合は保証が効くのは外壁の部分だけで外壁から塗料がはがれた場合だけ保障が効きます。しかし、外壁から塗装材がとれてしまう事態はそうそうありませんし、外壁よりもはがれ落ちやすい鉄部やトタン等というような所は十年間保障が認められず、長くて数年くらいというような保証の中身の場合がほとんどのようです。