西臼杵郡五ヶ瀬町でも壁の塗り替えは見た目をきれいにしておくというような狙いはもちろん、もともとは家屋を覆ってガードする事が役割りになります。壁の下地というのは塗装にて覆うことにより保全されているのですが、年数が経つにつれ劣化して、ヒビ割れたりします。そのようになってくると建物を守ることが難しくなって、土台等の建物の内側にまで波及する可能性がでできます。壁の下地が劣化してから壁の塗装を施すのでは後の祭りなので、そのような状態を避けるためにも定期的な壁の塗り替え作業は不可欠です。適切にメンテナンスをすることで家屋を守っていくことができます。

建物の壁部分にはサイディングボードという板上の外壁材も西臼杵郡五ヶ瀬町ではたびたび使われます。サイディング材というのは手入れの心配がいらないというような印象をもっている方も少なくありませんが、モルタル外壁のように外壁塗装は必要です。約10年くらいで塗り替えをしていけば、30年くらいは使用できますが、塗装をせずにいると早めにひび割れ等といった症状で使えなくなります。サイディングも外側は塗料でまもられているということに違いはないです。