塗り替えの見積もりを出してもらった時にチェックしておく箇所としては、重ね塗りの回数が考えられます。木津川市でも基本的には重ね塗りの回数は下塗りと中塗り、上塗りの三回行います。太陽光があたる南西の方角など、痛みが酷い場所については四回やる事もある一方、劣化が少ない所については2回になる事もあります。重ね塗りを何回するかによって塗装材の量も料金も差が出てきますのできっちりチェックしましょう。見積りについては、これらを何回やるかを見て、書いていない場合はたずねるようにしましょう。雑な答えをしてくるような会社は避けるようにしたほうが賢いです。

外壁と同様に屋根の整備についても必要になります。屋根というのは外壁とくらべても太陽光を受けますので痛みやすい場所ですが、そうめったには目に入らない部分ですし、老朽化を心配している人も木津川市では少数です。劣化が進むと、家の内側に雨水が染みこみ浸食等がおきることもありますので、周期的なメンテナンスも大切になります。時期としては壁と同じくおよそ七、八年くらいから10年前後を目途に屋根の塗装をしていくのが一般的ですが、日本瓦は塗り替えは不要です。