外壁の形としてはモルタルの壁とサイディングボードが仙台市泉区でも多く、そのほかにはトタンや板等になります。モルタルの壁というのはセメントや砂などを混ぜ合わせたモルタル材を職人がつけて、そこに塗装して完成させるという方法でサイディング材が出てくる前は多くをしめていました。この頃のほとんどはサイディングボードを使用した外壁ですが、先に工場などでつくられたサイディングボードと呼ばれる壁材を貼り付けるように作り上げていきます。どちらも何年かおきの外壁塗装作業が必須である点では同じです。

壁の塗装を依頼する時期は、家が完成してから、または前の外壁の塗り替えからの期間でいうと、一般的には仙台市泉区でも約10年前後です。無論、つかっている塗装材等によって差はありますが、平均してその位です。場合によっては、建設の時に質の良くない塗料を使っていたり、もとより塗装材 を使っていなかったりするケースもあり、その時は早期に外壁部分がいたみはじめるといったことも少なくないです。壁の塗り替えはひび割れなどからガードする意味をもちますので、周期的にやるようにしましょう。