持ち家の外壁の塗装をやってもらうタイミングというのは、建築してから、または過去の外壁の塗り替えからの年数でいうと、普通は香久山でも約十年位になります。当然、周囲の環境などにもよりますが、基準としてそれくらいです。時には、建設の際に安価な塗料をつかっていたり、元々塗装材 さえも利用してなかったりすることもあって、そのような時は早々に壁部分がいたみはじめるという事も少なくありません。外壁塗装はヒビ等からガードする目的をもちますので一定期間で行ってください。

外壁塗装の見積もりをもらったときに目を通しておく点としては、重ね塗りの作業があります。香久山でも基本的には重ね塗りの回数は上塗りと中塗りと下塗りの三回作業します。とはいえ、日射を受ける側など、老朽化がひどい壁というのは4回やる事もある一方、太陽光が当たらない所については2回になることもあります。重ね塗りを何回行うかによって用いる塗料の分量も料金も異なりますのできちっと注視しておきましょう。見積もりについては、重ね塗りを何回行うかに気をつけ、記載がない際には質問するようにしましょう。あいまいな対応をしてくるような所は契約しない方が安心です。