建物の壁のタイプとしては、モルタルの壁、サイディング材が仙台市青葉区でも普通で、それら以外にはトタンや板ばりなどになります。モルタル外壁というのは、砂石とセメント等をかき混ぜたモルタル材を職人さんが壁につけて、その上に塗装をして施工するというようなやり方で、サイディングボードがでてくるまではほとんどをしめていました。この頃のほとんどはサイディング材を使用した壁で、先に作業場などにて作り出されたサイディング材と言われる壁材を貼り付ける形で施工していきます。どちらの壁も一定期間での外壁の塗装作業は不可欠であるということでは違いはありません。

壁のように屋根のケアについても大切になります。屋根は外壁以上に日光を受けるので痛みやすいところですが、ほとんど見ない場所ですし、傷みを心配している人も仙台市青葉区では多くはないです。古くなると、建物の中に水分がしみこみカビなどの原因になる事もありますので、定期的な整備も重要です。期間はというと壁と同様にだいたい7年前後より10年程度を目安に塗装をするのが原則ですが、瓦ぶきの屋根は塗り替えを行う必要はないです。