外壁と同じように屋根の管理も重要です。屋根は外壁よりも日光を受けるので痛みやすい部位なのですが、いつもは見ない所ですし、いたみを気にする方も舞浜ではわずかです。劣化が進むと、建物の内側に雨水が染みこんで侵食などを引き起こす事もありますため、周期的な整備も重要です。期間としては壁のように7,8年程度より10年位を目途に屋根の塗り替えを施すのが普通のやり方ですが、日本瓦は塗り替えを施す必要はありません。

建物の外壁部分にツヤがなくなってきたら外壁の塗装の時機であると考えて大丈夫です。見た目がちがっているという事は、塗装材が雨風などの影響で組織を壊されてしまっているという事になります。一部だけ塗膜が取れているケースも同様です。もっと老朽化すると、外壁部分をさわった際に塗料が付着するようになります。この現象をチョーキングと呼び、舞浜でもこのような様子になったら外壁の塗装のタイミングと思って大丈夫です。