建物の壁部分に汚れが目立ってきたら塗り替えのタイミングが来ていると考えられます。見かけが劣化しているのは塗装材の表層が雨風などにより樹脂層を破壊されてきているということになります。塗装材が剥がれている時も同じです。より劣化が進むと壁部分を接した時に塗装が手につくようになります。このことを白亜化と呼び、加西市でもこうなったら壁の塗り替えの時期とされます。

加西市でも外壁の塗り替えというのは見かけを美しく保持するといった狙いもあるのですが、もともとは家屋をおおって維持することが役目です。外壁というのは塗装の皮膜で覆い隠すことで守られているのですが、時間の経過とともに老朽化が進み、ひび割れたりしてしまいます。そのような状態になると家を保全する事が困難になって、土台等の家の構造にまで傷んでいくことも考えられます。壁が劣化してから壁の塗装を施すということでは遅いので、そのような事態をさけるためにも早めの壁の塗装作業が必要です。きっちりと整備を行っていくことで建築物の価値も高くなります。