壁と同じく屋根のメンテも大事になります。屋根は壁とくらべても紫外線にさらされますのでいたみやすい部位なのですが、いつもは目にしないところですし、痛みに敏感な人も大阪市都島区では少ないです。劣化が進むと、建物の中に雨がしみこみ腐食等がおきるケースもあるため、何年かおきの手入れが大事になります。期間はというと壁と同じくだいたい7年くらいから10年程度にて塗装をするのが通常のやり方ですが、瓦は塗り替えはしなくても大丈夫です。

外壁の塗装業者というのは不意にやってきて厄介だといったイメージをもつ人が大阪市都島区でも多数いるようです。面倒な飛び込み営業を行っている会社もあるため注意を払わなくてはなりませんが、家の外壁を調べて壁の塗り替えをすべきだと判定して訪れる業者もいるようです。現実問題として、外壁部分のいたみをそのまま放置していると家は早めに傷つき始めますし、早期の塗り替えは欠かせません。見かけを良くしておくねらいはもちろん、建築物を保全するためにも壁の塗装は欠かせないということをきっちり知っておくことも家主としては必要です。