壁の表層に苔などがつくと見栄えがまずいことはもちろん、塗膜が劣化してきていると考えられます。かびは太陽が当たらない場所につきやすく、防カビの効き目が弱い塗装材を使用している場合は早い段階で発生します。新築の際には、諸費用を削減するため塗装材にお金をかけられないことも多数あり、その場合には壁の素地の劣化も早くなります。さらに老朽化すると、ひび割れ等も起きて、伊予郡砥部町でも修理にかかる料金は多くなりますから、早い段階で外壁の塗り替えを施す事がポイントです。

建物の外壁の種類はモルタルとサイディングボードというのが伊予郡砥部町でも多数で、他にはトタンや板などとなります。モルタル外壁というのは、セメントと砂等をまぜ合わせたモルタルを左官屋が塗り、さらに塗料を塗って仕上げるやり方で、サイディングが現れる以前は大多数をしめていました。今の大半はサイディングを用いた壁になり、先立って工場などで生産されたサイディングボードと言われる外壁材を貼り付ける形で作っていきます。二つとも何年かおきの外壁の塗り替えは大切であるという点では変わりません。