外壁塗装をご自身でやってみることができないかと知恵をしぼる人もいらっしゃると思いますが、難しいかもしれません。スキルがある方ならば、可能であることもありますが、壁の色をつけるくらいなら独りでも可能だという位の考えの場合は、業者に依頼したほうが良いです。塗り替えには建物を保全するというような大切な意味も持ちます。下地調整を行うケレン作業で古い塗装材を取って、重ね塗りを行って仕上げるという工程は、どうやっても専門でないとできないです。立川市でも材料の代金は発生しますし、見た目もひどくなる危険性も大きいです。

外壁の塗り替えの広告には10年間長期保障しますというように掲載しているところも立川市では少なくないです。10年間であれば安心だという方も多いですが、確認しておきたいのはそれらの意味になります。大多数の場合は保証が効くのは外壁のところのみで、壁から塗装が剥がれた時だけ保証の対象となります。そうは言っても、外壁から塗装がはがれるというようなことはほとんどありませんし、外壁にくらべて剥がれ落ちやすい鉄やトタンなどというような箇所は十年保証されず、長くても3年程度というような保証の中身のことが多くなっています。