外壁部分の外側に苔などがでると外観が悪いだけでなく、塗膜が傷ついていると判断していいです。かび汚れは太陽光が当たらない部分に生じやすく、カビを防止する効果が低い塗料で施工されているケースでは早期に生じます。建築の際には、支出をけずるため塗装材の質を落とすというケースもあり、それらの場合には塗装の老朽化も早くなります。さらに傷つくと、ひび等も発生し、川辺郡川辺町でも修理にかかる料金が高額になりますから、早期に壁の塗り替えをする事がポイントです。

家の外壁部分が色あせてきたら、外壁の塗装の時機になったと考えて大丈夫です。色がちがっているという事は、塗膜の表面が風雨などの影響で樹脂層が離脱してきているということです。一部分だけ塗料が剥脱している時も同じです。より傷ついていくと壁部分を触ったときに塗装が付着します。このことをチョーキング現象といい、川辺郡川辺町でもこのようになったら塗り替えの時機と判断していいです。